manu ☆ 07 おそら。


☆ 01 はじめに。。。


☆ 02 さみしくないよ。


☆ 03 肩たたき。


☆ 04 ありがとねぇ。


☆ 05 いつもと違う。


☆ 06 おばあちゃん。


☆ 07 おそら。


☆ 08 神様。


☆ 09 ありがとう。


☆ 10 おわりに。。。




おばあちゃんがいなくなってから

何日も公園で僕は泣いていた。


何日も


何日も


「 そんなに泣いてばかりいたら

おそらにいる おばあちゃんが悲しくなるんだよ。 」


お母さんは僕の顔を両手で包み込みながら言いました。


「 おそら? 」


僕は空を見上げました。


「 おばあちゃんはおそらにいるの? 」


僕が空を見上げながらお母さんに聞くと


「  おそらの上から神様と一緒にいつも見てるんだよ。 」


「 神様と一緒に? 」


僕は泣いている場合じゃないと思って

お家に走り出しました。




☆ 08へ





ありがとう arigatou 著者 hideyuki yokoyama